ページ内を移動するためのリンクです。

ダスキン健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
 
現在表示しているページの位置です。

引き続き健康保険に加入したいとき

退職すると翌日から健康保険の被保険者の資格を自動的に失いますが、退職の日まで継続して2ヵ月以上被保険者であった人は、退職したあと引きつづき任意継続被保険者として健康保険に加入することができます。
任意継続被保険者には最長2年間なることができますが、75歳になった場合は後期高齢者医療制度に加入するため、その時点で任意継続被保険者の資格は喪失します。

手続き

  • (1)所属事業所に退職前に任意継続被保険者として残りたい旨を伝える。
    ((株)ダスキンの場合は、「退職届」に任意継続希望の有無欄があります。)
  • (2)退職1週間前に、案内書類をお送りします。必要書類に記入、捺印し、ダスキン健康保険組合へ送付ください。
  • (3)初回保険料をダスキン健康保険組合の銀行口座へ振り込みください。
必要書類
  • 提出先:健康保険組合
  • 健康保険被保険者証(被保険者・被扶養者すべて)
  • 保険料(案内書類に金額が明記されています)
    • ※資格を失った日から20日以内に提出してください。

任意継続被保険者の保険料

任意継続被保険者の標準報酬は退職したときの標準報酬か、前年度9月30日現在の当組合の全被保険者の標準報酬の平均額のいずれか低い額となります。それに当組合の保険料率をかけた額が保険料です。
なお、保険料は全額自己負担となりますが、賞与に係る保険料負担はありません。
また、40歳以上65歳未満の人は介護保険料も全額自己負担となります。

2年間の任意継続被保険者資格期間を満了したときや、保険料を納付期限までに納付されなかったことにより任意継続被保険者の資格を喪失した場合、資格喪失後は、国民健康保険にご加入いただくか、ご家族の健康保険の被扶養者となるかのいずれかとなります。
保険料は加入した月分は必要ですが、資格を喪失した日を含む月分は必要ありません。

保険料納付方法

【方法1】毎月納付
初回は2ヵ月分を振込納付いただき、翌月から口座振替にて毎月(翌月分として)引き落としされます。

【方法2】半年の前納
初回は加入月から9月または3月までの累計分を振込納付いただき、
2回目以降、口座振替にて、3月(4月~9月分)と9月(10月~翌年3月分)に引き落としされます。

【方法3】1年分の前納
初回は加入月から3月までの累計分を振込納付いただき、
2回目以降、口座振替にて、3月(4月~翌年3月分)に引き落としされます。

  • ※初回保険料は振込のみです。案内に沿ってご自身で振り込んでください。
    (納付書は送付いたしません)
  • ※前納の場合、加入月以外の保険料は割引(年2%)計算されます。
    また、7月または1月に次回納付についての案内を送付いたします。
  • ※納付いただいた保険料は全額が社会保険料控除の対象となります。
    領収書は大切に保管ください。
    なお、口座振替により保険料を納付された場合には、領収書は発行されません。
    「保険料納付証明書」を翌年1月中旬頃にお送りいたします。
    ご不明な点がございましたら、ダスキン健康保険組合までお問い合わせください。

資格がなくなるとき

  • ①任意継続被保険者の資格期間が満了したとき
  • ②再就職をして他の医療保険の被保険者となったとき
  • ③任意継続被保険者が死亡したとき
  • ④保険料を期限までに納めなかったとき
  • ⑤75歳になったとき