ページ内を移動するためのリンクです。

ダスキン健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
 
現在表示しているページの位置です。

海外で受診したとき

海外療養費

被保険者やその被扶養者が海外に在住中、または旅行中に受診した場合の費用は、療養費払いとして後日払い戻されます。
ただし、日本の健康保険での治療方針をはじめとした取り決めは、海外では通用しません。つまり、治療内容のレベルや治療費は国ごとに異なるものと考えられますから、その費用をすべて給付することはできません。
したがって、海外の病院で発行された診療内容明細書、領収明細書に基づいて、国内の保険での治療費を基準とした額が、後日海外療養費として支給されることになります。
必ず診療内容明細書と領収明細書をもらっておいてください。また、旅券、航空券その他の海外に渡航した事実が確認できる書類の写し、医師等に照会するときのための同意書も必要です。

申請される方は、事前にダスキン健康保険組合へご連絡ください。
申請書類等を送付いたします。

給付条件

海外療養費の支給が受けられるのは、日本国内で保険診療が認められた病気やけがに限られます。

支給対象外

交通事故やけんかなどの第三者行為や不法行為に起因する病気・けが、または下記のような場合(一部例外のケースあり)

・健康診断、人間ドック、歯科検診
・単なる疲労や倦怠で受診した場合
・美容整形、歯列矯正
・高価な歯科材料(金、ポーセリン等)を使用した歯の治療
・インプラント(人工歯根)
・自然(正常な)分娩
・予防注射
・治療目的で海外に渡航して受診した場合(ex. 心臓・肺等の臓器移植)など

  • (注)上記は一応の目安です。判断に迷うようなときは健保組合にご相談ください。

支給額

日本国内での同様の病気やけがをして、被保険者証を使用して治療をうけた場合を基準として決定します。
支給額算定の際は、支給決定日の外国為替換算率(売レート)が用いられます。

  • (1)実際の医療費が、日本国内での保険診療費より低い場合
    支給額 = 実際の医療費 -(実際の医療費 × 一部負担割合)
  • (2)実際の医療費が、日本国内での保険診療費より高い場合
    支給額 = 日本国内の保険診療費 -(日本国内の保険診療費 × 一部負担割合)
  • ※支払いに課税されている場合は、税金を除いて算出します。
  • ※日本国内未許可の薬剤の処方については、同疾病で処方される薬剤を参考とします。
  • ※支給は、他の療養費と同様に行います。(海外への送金などはできません。)

その他の留意事項

  • (1)一部負担金の割合は、日本国内で受診した場合と同じです。
  • (2)請求期限(時効)は、治療費を支払った日の翌日から起算して2年間です。
  • (3)申請に必要な書類に欠落や不備等があると、保険の支給はできませんので注意してください。
  • (4)海外療養費の申請に必要な医師の証明に費用がかかった場合は、申請者の負担となります。

手続き

必要書類
  • 海外療養費支給申請書
  • 診療内容明細書(日本語訳が必要です)
  • 領収明細書(日本語訳が必要です)
  • 調査に係る同意書
  • 旅券、航空券等の渡航が確認できる書類の写し(個人的な旅行のとき)
  • 治療費の領収書(原本)
  • 必要(外傷性の負傷)に応じて傷病原因届

海外で治療をうけたときのQ&A

Q:海外出張や海外旅行をするとき、健康保険関連でなにか携帯すべきものはありますか?

A:出張先や旅行先での、急な現地医療機関での受診されることも予想されるため、『海外療養費支給申請書』、『診療内容明細書・領収明細書』、『歯科診療記録票』を携帯しておくと、後の申請手続きが円滑に行えます。

Q:海外勤務者に帯同している妻(被扶養者)が妊娠し、定期健診のため病院へ通院しています。
この場合の定期健診費用は、払い戻しができますか?

A:正常な妊娠での定期健診費用は、国内の場合と同様に全額自己負担となり、払い戻しの対象にはなりません。ただし、異常が認められ病的なときの精密検査費用等は、保険適用となり、健保組合に申請できます。