ページ内を移動するためのリンクです。

ダスキン健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
 
現在表示しているページの位置です。

確定申告で医療費控除をするとき

医療費控除

みなさんやご家族の分を含めて、1年間に自己負担した医療費が一定額を超えるとき、税務署に確定申告すると税金が戻ってきます。

■支払額が10万円を超えるとき税金を精算
前年1月から12月までに支払った医療費が10万円(または年間所得の5%の少ないほう)を超えるとき、上限200万円までがあなたの課税所得額から控除され、税金が確定精算されます。

  • ※給付金・保険金等
    生命保険などから支給される給付金や、健康保険から支給される高額療養費、出産育児一時金、一部負担還元金、家族療養費付加金などが含まれます。傷害手当金や出産手当金は含まれません。
■確定申告の時期
確定申告の時期は、毎年2月16日から3月15日間での1ヵ月間です。
ただし、サラリーマンなど給与所得者による医療費控除等の還付申告については、1月からでも受け付けてもらえます。
■確定申告に必要な書類
令和2年分の確定申告からは、「医療費控除の明細書【内訳書】」を作成し、確定申告書への添付が必要となり領収書の添付もしくは提示での申告ができなくなりました。
(令和元年分の確定申告までは、医療費控除を受ける際には領収証の添付もしくは提示でも申告ができましたが、変更になりました。
医療保険者(ダスキン健康保険組合)から交付を受けた「医療費通知」※1がある場合は、「医療費通知」を添付することで「医療費控除の明細書【内訳書】」※2への記入が簡略化できます。
▼「医療費控除の明細書【内訳書】」

なお、詳しくは最寄りの税務署へお問い合わせください。
確定申告については、国税庁のホームページをご覧ください
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kakutei.htm
医療費控除に関する手続きについてQ&A(国税庁資料)
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/pdf/iryohikozyoQA.pdf
■健康保険組合からの医療費通知明細を添付して申告する場合
令和3年分の確定申告から、書面申告を希望される方に「医療費通知明細」を発行します。
「医療費通知明細発行申請書」のダウンロードはこちら
発行時期により掲載される診療月が変わります。

発行月 掲載される診療月
2022年2月中旬頃 2021年1月~2021年11月診療分
2022年3月中旬頃 2021年1月~2021年12月診療分
※医療費のデータは医療機関ならびに審査機関からの請求状況によってはシステムへの反映に4ヵ月以上かかる場合があります。
確定申告にまにあわない診療分については、医療機関からの領収書をもとにご自身にて「医療費控除の明細書【内訳書】」を作成して、「医療費通知明細」とともに添付をして申告をお願いします。 ※保険適用外の自由診療治療費などについては、ご自身で「医療費控除の明細書【内訳書】」を作成、添付をして申告をお願いします。(上記、医療費控除の明細書【内訳書】の記載参照)

■医療費控除通知データ(e-Tax向け)を添付して電子申告する場合
国税庁のe-Taxをご利用の場合、e-Taxに連携する「医療費控除申請用データ」を、KOSMO Webメインメニューで「医療費控除通知」を選択してダウンロードできます。 ※KOSMO Webの医療費に反映されていない、保険適用外の自由診療治療費などはご自身で[医療費控除の明細書【内訳書】]を作成し添付をして申告をお願いします。
(上記、医療費控除の明細書【内訳書】の記載参照)

原則、診療月の3ヵ月後の第6営業日頃以降ダウンロード可能です。
医療費のデータは医療機関ならびに審査機関からの請求状況によってはシステムへの反映に4ヵ月以上かかる場合があります。
【注意】
ダウンロードしたファイルは開かないでください!
文字化けなどの問題が起こって使用できなくなる可能性があります!
ダウンロードしたファイルは開かずそのまま電子申告に使用してください。
開いてしまったファイルは破棄し、改めてダウンロードしなおしてください。
ダウンロードファイルの内容を参照したい場合は、「参照」ボタンからお願いします。
(参照画面からもファイルのダウンロードができます)

【KOSMO Web閲覧月と診療月】
原則、診療を受けた3カ月後から閲覧可となります。(例:4月診療分 → 7月中旬)
KOSMO
Web
閲覧月
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
11月 12月 1月 2月 3月
診療月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
  • ※導入初年度のため令和2年分の閲覧可能診療月は7月診療分からです。
e-Taxならこんないいこと!(国税庁)
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/iikoto.htm

e-Taxで送信するための準備(国税庁)
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/info-kakutei.htm

■控除対象となる医療費
次のような治療のための費用のうち、健康保険から法定給付・付加給付として支給された給付金や生命保険会社等から支払いを受けた医療費を補てんする保険金などを除く、自己負担に限られます。
  • 医師に支払った治療費
  • 治療のための医薬品の購入費
  • 通院費用、往診費用
  • 入院時の食事療養・生活療養にかかる費用負担
  • 歯科の保険外費用
  • 妊娠時から産後までの診察と出産費用
  • あんま、指圧、はり、きゅうの施術費
  • 義手、義足などの購入費
  • 医師の証明がある6ヵ月以上の寝たきりの人のおむつ代
  • 医師の指示と証明がある温泉利用型および運動型健康増進施設の利用料
  • 訪問看護ステーションの利用料
  • 老人保健施設、療養病床などの利用料
  • 特別養護老人ホームで受けた介護費・食費・居住費の自己負担分の半額
  • ケアプランに基づく居宅介護サービスを医療系サービスと併せて受ける場合の介護費自己負担分
  • 特定保健指導のうち一定の積極的支援の対象者が負担する特定健診・特定保健指導にかかる費用
■控除対象とならない医療費
  • 健康診断、人間ドックの費用
  • ビタミン剤、消化剤、体力増強剤など、治療のためでない医薬品の購入費
【注意】
令和3年2月の送付をもって休止 郵送(封書)での医療費通知は、令和3年2月の送付をもって休止しました。
令和3年分の確定申告から、医療費等のWeb照会(KOSMO Communication Web)にて、必要なデータをダウンロードしていただきます。
※確定申告を書面申告される場合は、申請をいただければ個別に医療費通知明細を発行いたします。
医療費等のWeb照会 (KOSMO Communication Web)について、詳しくはこちら

スイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)

平成29年1月1日から令和8年12月31日までの間に、本人または家族などのスイッチOTC医薬品(処方箋が必要な薬から、処方箋のいらない市販薬として買えるようになった薬)の購入費の合計額が年間12,000円を超えた場合、特例としてその超えた部分の金額(最大88,000円)が、その年分の総所得金額等から控除されます。
控除の対象となるには、特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診のいずれかを受けていることが条件です。
なお、この特例(スイッチOTC控除)と、従来の医療費控除制度とを同時に利用することはできません。スイッチOTC控除か、従来の医療費控除制度のどちらかを選択することになります。

  • (※)令和4年1月からさらに5年間(令和4年1月1日~令和8年12月31日)延長されました。
    セルフメディケーションに対するインセンティブ効果の維持・強化が重要であり、また、政策効果の検証を引き続き実施する必要があるためです。
セルフメディケーション